So-net無料ブログ作成
検索選択

本) あたしたちのサバイバル教室 [本]

この本、いつ出版されるか気になっていました。元々は、毎日小学生新聞に連載されていました。
主題は重いものですが、子供目線で前向きな表現で綴られています。とらえ方は人それぞれでしょうが、気持ちと行動の両面から描かれていて、いろいろな角度からその状況をとらえることが出来ると思います。行間を読むのは小学生には難しいかも知れませんが、視点を広げるには良いかと思いました。

(098-1)あたしたちのサバイバル教室 (ポプラポケット文庫)

(098-1)あたしたちのサバイバル教室 (ポプラポケット文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

夏休み読者感想文用の本 [本]

課題図書から一冊選んでありますが、本人が興味が湧くのかな?と感じたので、本人が読んで書くかわかりませんが、この二冊を追加で渡してみました。推薦図書にサッカーのがありますが、本人、野球の方が興味があるので。




ダッシュ!

ダッシュ!

  • 作者: 村上 しいこ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

分かってはいるが [本]

読書の重要性は分かっていますが、マンガがあるとその存在には負けてしまいますね。
http://toyokeizai.net/articles/-/16900?display=b
タグ:読書
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

読書 川の光2 [本]

まだ読み始めたばかりですが、結構読みごたえがあります。読書好きでなければ、小学生にはボリュームが多すぎるかも。でも、内容的には面白いと思います。

川の光2 - タミーを救え!

川の光2 - タミーを救え!




タグ:読書 小学生
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

気になる本 オーケストラの絵本 [本]

実物は見ていませんが話の内容に興味がわきました。ホルンをのばすと5mらしい。

CD付き 名曲を聴きながら旅するオーケストラの絵本

CD付き 名曲を聴きながら旅するオーケストラの絵本




動いて、考えて、また動く 小学生 国語教科書 [本]

捉え方は、PDCA(Plan-Do-Check-Action)やSee-Think-Plan-Doと同じですが、少ない分だけ子供には分かりやすいかも。重要なのは、人にやってもらったり、人にやらされたりしてはダメで、自分の意思でこれらのサイクルを回す事です。そういった意味で、先ず自ら行動する意志を持てるきっかけが大事だと思います。それが何なのかは人それぞれなので、子供たちには出来るだけ多くの事に触れさせ、自分の「これ」というのを感じられる様にしてあげたいです。
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/season/2010_spring/01.html
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/season/2010_spring/02.html
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/season/2010_spring/03.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

富士山だいばくはつ (絵本) [本]

小学生向けの本ですが、火山全般的な事を中心に富士山の生態系など興味深く書かれています。最近、小笠原諸島付近で飾りの噴火による新島ができたニュースが放映されていますので、子供は興味深く読んでいます。

富士山大ばくはつ (かこさとし大自然のふしぎえほん)

富士山大ばくはつ (かこさとし大自然のふしぎえほん)




会話のコツ [本]

この本は、会話のなかでこんな表現では、自分の言いたいことがこんな理由で伝わらない、だから、こうやって伝えると良いよ、こういった所に意識すると良いよ、など、かなり具体的な記載がされています。第一線でバリバリやっている人には今さら感があるかもしれませんが、入社して順調に伸びはじめた人と伸び悩んで来た人が出た頃に、研修的な意味で読んでもらうのが良いタイミングかと思います。あるいは、上司や指導者になったとき、部下が伸び悩んでいるときに、この本を読む様にしても良いかと思います。何れにしても、少しは執務経験を積んでいるタイミングのほうが本の内容が身近に感じられると思います。
大学などで親切丁寧な指導者に当たれば、こういったことも学生時代に指導されるのかもしれませんが、日常会話的には余り意識しなくても問題はない、むしろ感情論が優先される場合が多いので、社会人としてどこかで教育すると良い内容と思います。
同じ日本人同士でもこんな感じなので、国際間は難しいですね。

軽く扱われる人の話し方 影響力のある人の話し方

軽く扱われる人の話し方 影響力のある人の話し方




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

青いバラ [本]

とある本で、サントリーの青いバラの事を読みました。
サントリーにはブドウや麦の品種改良で培った技術があること、バラの前に既に新しい花を作り上げ、ビジネスに繋げていた事、青いバラはベンチャー企業からの開発提案であったこと、開発費が数十億億円(他の花の開発含む)であったこと、14年もかかったこと、いろいろ知らないことがありました。
結果論かも知れませんが、成果としては画期的な事と思います。一方、バラの販売だけでは投資回収出来たのでしょうか?結構、難しいように思いますが。
タグ:青いバラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

陸上トレーニング 子供への接し方(2) [本]

読み終わりました。記載内容は、子供のモチベーションをどのように上げていくか、その経験談が8割ほど、走り方などが2割ほどの内容との印象でした。後者の部分は記載量として多くはありませんでしたが、コーナリングのコツや、手の平の向きなど、他の本にはあまり書いていない内容などもあり、参考になりました。また、子供のモチベーションについても、基本的には体験に基づく内容のようで、学術的というよりもエッセー的であり、ある意味、共感できる部分は多かったと思います。その内容は、かけっこだけでなく、スポーツだけでなく、子供に対する全般論としても理解できる面が多いと感じました。

かけっこで1番になれる本 (中経の文庫)

かけっこで1番になれる本 (中経の文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。